ライバルはいらない

以前、 脚本 を共に学ぶ人たちのことを「ライバルであり、仲間である」と思っていました。

でもある時、自分は誰もライバルだと思っていないし、ライバル視されることにも違和感があることに気がついた。

みんな、ただの同志だった。

 

勝ち負けに、興味がないです。

面白い 脚本 が書きたい。

 

漫画の『ちはやふる』を読む度に、ライバルっていいな!熱いなー!なんてことは、思うのですが。笑
自分がやっていることは、競技ではないから。

だから、いりません、ライバル。

 

仲間っていうのも、「私たち、仲間でしょう?」という、気持ち悪い(というのは私の感覚ですが)関係ではなくて。

知人友人で 脚本 書いている人はみんな『 脚本 仲間 』って思っている。

そして、 脚本 仲間ともっと、遊びたいなと思います。

シナリオ女子会はそんな思いで始めました。

まだメンバーは少ないのですが、見つけて興味を持ってくれる人がいたら、声をかけてほしいなと思います。